人形町で購入したいマンションが決まった場合、住宅ローンを組むなら事前審査が必要になります。通常、結果が出るまで2から5営業日必要です。この事前審査に通れば、売買契約後のローン本審査にもほとんど通ります。しかし万が一事前審査に通らなかった場合は売買契約ができないので、審査は早めに受けておくべきです。この事前審査には、実印や身分証明書、健康保険証などの他に、直近2年分の源泉徴収票の写しが必要になります。さらに確定申告書や税証明書、個人事業主の場合は会社の決算書も必要です。その他、カードローンや自動車ローンなどがある場合はその残高も審査の対象となります。これらの書類はなるべく時間に余裕をもって、揃えておくと良いです。登記簿謄本に関しては、不動産会社の方で用意してくれます。

売買契約を結ぶ際に必要となる費用

審査に通過したら、次は人形町のマンションの売買契約をします。必要なものは印鑑や身分証明書ですが、印紙代として1万円から3万円がかかります。そして手付金と、仲介手数料の半額もこの時、支払います。注意点として、銀行のATMには1日の間に引き出せる金額に上限が設定されているため、複数日に分けて引き出す必要が生じます。ただし銀行の窓口で手続きをすれば1回で引き出せるので、この場合はATMより便利です。尚、手付金は購入するマンションの価格の5%から10%になります。例えば価格が4000万円の場合なら、200万円から400万円は必要です。また手付金は現金払いが基本で、振り込み入金は原則的に行われません。また売買契約が土日になることもよくあるので、注意が必要です。

売買契約をする時の大まかな流れ

人形町のマンション購入に関する売買契約は、一般的に売り主側の不動産会社で行われます。時間的には、およそ2時間から2時間半が目安で、まず不動産会社から重要事項の説明があり、その後で売り主が入室します。そして売り主を交えて、売買契約書や設備表、物件情報などの説明があります。説明に納得したら署名捺印し、手付金を手渡します。この時、必ず領収書を受け取ることが大切です。尚、初めに行われる重要事項の説明は、不動産会社が買い主に対して話す形になり、重要事項説明書にその内容が記載されています。この時、売り主が立会う必要はありません。この説明には1時間程度かかるので、売り主はその後で部屋に入ってくるのが普通です。そしてこの売買契約が終了後、住宅ローンの本審査があり、それを通過して初めて、物件の引き渡しが行われます。

No.1の販売実績を誇る専門店ならではのサービスが選ばれる理由! 前もって行政ホームページを確認し住みやすさを確認しましょう! 中古マンションや一戸建て、ビルなどの査定を行っています。 物件の見学することで生活イメージが湧き、希望に合った物件が見つかるでしょう。 資産運用や火災保険、その他提携サービスのご相談することができます。 人形町でのマンション購入はこちらのサイトで