ワーキングホリデーを成功させるため計画の必要性

通常の留学で発行されてる留学・就学ビザとは異なり、ワーキングホリデービザを取得すると1年間、滞在費を補うためのアルバイトをしながら現地に滞在することができるため、語学留学にはお金がかかり過ぎるから無理とあきらめていた人にはとてもありがたい制度です。更に、普通の語学留学では体験できない就業体験は学校とは全く関係がない現地の人に直接触れ、文化や生活を直に経験をすることができるというメリットがあります。ただし、学校に通う義務もなければ、自由に仕事を探すことができるということからも想像できる通り、ワーキングホリデーは自分自身で決めて行動する事の割合がとても大きいのです。これは言いかえれば、目的と計画性がなければ、1年間を棒に振ってしまう可能性も大いに秘めているということになります。折角の渡航経験を将来に生かすためにも、現実的なワーキングホリデーを計画する事をお勧めします。漠然と、憧れの国に住んで仕事をする経験をしてみたいと言うだけではなく、折角渡航する機会を得ることができるのですから、現地の人々との積極的な交流を通して、文化や生活を体験すると言う範囲まで視野に入れて考えるようにしましょう。


そして、文化を一番直結しているものは言語ですから、その国の言葉は話せるようになる努力をするということも必要です。うまく話せなくても、話そうとする努力や積極性があれば心を開いて接してくれる人はどの国にもいるものです。渡航前から現地の言葉の勉強を始め、渡航中は語学学校にも通うようにしましょう。特に英語以外の言語を話すヨーロッパ圏に渡航する場合には、渡航前に出来るだけ勉強をしておき、少しでも日本人が少ないクラスに入れるようにする努力はした方がよいでしょう。日本人と交流する事は悪いことではありませんが、あまりにも日本人コミュニティーに浸かってしまう状態になると、折角の1年もの間、殆ど現地人と交流する事もなく、文化や生活を体験する事が出来ない結果を招くこともあります。


そのため、渡航中は積極的に現地人と交流する事を心がけ、仕事選びも現地の従業員がいる職場を選ぶような心がけは大切かと思います。1年が終わった後には帰国するのですから、その後に繋がるような経験を積むことは将来の道を切り開くことに繋がります。ワーキングホリデーの経験は単に語学を習得するだけではなく異文化理解を体得する事が出来る貴重なものであり、それは将来仕事をする際にも相手が外国人であれ日本人であれ、コミュニケーションをとる上での相互理解に大きく貢献するはずです。折角の経験が生かされるような目的と計画性を持ってワーキングホリデー制度の利用を考えるようにしてみてはいかがでしょうか。