ワーキングホリデー情報としてカナダの安全性

カナダの国旗として知られているのがメイプルリーフです。コインに描かれていたり、お土産でメイプルシロップをもらったりということがあります。どこにあるかといいますと、アメリカの北部になります。非常に多くの部分においてアメリカに接しているということもあって、経済的にもアメリカとの貿易がさかんということです。ではアメリカ同様英語が話されているかというと、すべての人というわけではありません。こちらにおいては、フランス語が話されることでも知られています。旅行に行くときなどは、英語ができるからということで安心してはいけないということになります。また、アメリカよりも北部にあるということで、冬は非常に寒くなるということです。


そんなカナダですが、旅行に行くという人も多いということです。良く聞くのは、オーロラを見にいくということです。北半球の北極に近いところでしか見ることができず、それも常に見ることができるとは限らないということです。それでも、確率の高い日を狙っていくということです。それで見ることができたときは非常にうれしいということになるでしょう。また、ウィンタースポーツがさかんということですから、目いっぱい楽しむためにこちらに来るという人もいるようです。日本においてはスキーやスノーボードといったところが有名ですが、それ以外にもいろいろと楽しめるものがあるということです。より、雪と戯れることが可能になるということです。ワーキングホリデー情報としてカナダということですが、歴史としては、オーストラリアにつぐとされています。こちらにおいては、一応1年間に利用できる人の制限が設けられています。年によって異なるのですが、概ね5千人ほどということです。そして、その人数に達することはあまりないということなので、行きたいと思われたら申請をしてみると良いかもしれません。


オーストラリアについで利用する人が多いとして知られていますが、なぜ多いのでしょうか。その一つとしては、安全ということがあります。アメリカといいますと、経済大国の色がありますが、事件などの情報も入ってきます。どうしても不安があるということです。それに比べると、治安も良いとして知られています。勉強や仕事をする環境も良いということになると思います。こちらにおいて人気のある都市としてはバンクーバーになるということです。そのほか、トロントなども多くの人が行くということです。